自社に合ったトナーを見つける方法

トナーの選び方

複合機

トナーを選ぶ

近年では、レーザープリンターやレーザー複合機などの最新のコピー機を導入する企業が増えています。しかし、会社によって、印刷する目的や数は大きく異なることでしょう。そのため、自社の目的に沿った印刷を行なうためにトナーを選ぶ企業が多いのです。

自社の目的に合ったトナー

トナーを選ぶ際には、自社がどういう事を目的として印刷するのか、整理しておきましょう。大量印刷、高品質の印刷、経費削減するための印刷とそれぞれ目的が違います。まずはトナーを選ぶ基準を決めて商品を選ぶことがおすすめです。

一度使用してみる

トナー選びで迷っているなら、一度使用してみるのも一つの手段でしょう。実際に使用することで、そのトナーの品質が一目瞭然ですし、どの程度印刷できるのかも確認することができます。また、使ってみることで、価格に合った商品かを確かめることもできます。

プリンターを大切に使うなら

トナーの選び方はプリンターを長く利用するうえでも、重要なポイントになります。粗悪なトナーを使用してしまいますとプリンターが故障する原因になる可能もあります。プリンターを長く利用するなら、純正トナーを選ぶといいでしょう。特に京セラの純正トナーは品質が高く、多くの企業から評判です。

人気のプリンター

no.1

レーザープリンター

今や数多くの企業が導入しているのが、第一位のレーザープリンターになります。プリンターメーカーの大手である京セラもレーザープリンターの開発をしていて、年々、新しいタイプのレーザープリンターが販売されています。

no.2

インクジェットプリンター

液体インクを紙に吹き付けて印刷を行なうインクジェットプリンターが第二位です。トナーを活用したレーザープリンターよりは印刷速度は遅いですが、写真などの画像を印刷するにあたってはどのプリンターよりも優れています。

no.3

モノクロプリンター

カラープリンターよりも安価に購入でき、一部の企業から人気があるのが、第三位のモノクロプリンターです。モノクロプリンターは黒一色での印刷のみになりますが、それでも様々なビジネスシーンで活躍してくれるのは間違いありません。

no.4

熱転写方式プリンター

フィルムインクという紙状のインクを使用して印刷するのが、第四位の熱転写方式プリンターになります。熱転写方式プリンターはフィルムインクに熱を加えて、インクを液体、気体に変化させてることによって、写真品質の印刷が可能です。

no.5

インパクト方式プリンター

今では、あまり使われることがなくなったのですが、複写に向いているのが第五位のインパクト方式プリンターになります。インパクト方式プリンターはインクが塗られたテープを記録用紙に押し当てて印刷するプリンターです。