レーザープリンターについて

プリンターの特徴

婦人

最新のプリンター

最近では、レーザーを活用する最新のプリンターがメーカーによって、次々と開発されています。その中でも京セラのレーザープリンターは多くの企業から評判がよく、導入する企業が多いです。そのレーザープリンターの魅力について説明します。

レーザープリンターのタイプ

レーザープリンターの中には黒トナーのみで印刷できるモノクロプリンターと黒、赤、青、黄の四色のトナーを使って印刷できるカラープリンターがあります。もちろん、モノクロプリンターの方が金額的に安いですが、カラープリンターの方が利用できる幅が広いため、おすすめです。

短い時間で枚数を多く

レーザープリンターはトナーを使用して印刷するために、短時間で大量印刷をすることが可能です。なぜ、インクジェットより早いか?その理由は印刷方法にあります。トナーは電気と圧力で瞬時に印刷することができます。一方、インクは用紙ににじませる時間が必要です。ですから、レーザープリンターの方が大量印刷ができるのです。

カラー印刷でも早い

一般的なカラープリンターは、機種によって印刷速度がバラバラで遅いものはかなり遅いです。しかし、レーザープリンターはカラーでも素早く印刷することが可能なのです。速いプリンターですと、1分間に20枚ほどの印刷することができると言われています。

純正トナーと合わせて活用

レーザープリンターは純正トナーと合わせて活用することでより、高品質の印刷をすることが可能です。最近では、プリンターメーカーでも京セラのプリンターと純正トナーが多くの企業に注目を浴びています。ですから、自社でレーザープリンターを導入することを検討しているなら、京セラをおすすめします。

レーザープリンターの印刷

レーザープリンターの印刷は帯電から順に露光、現像、転写、定着の流れで記録用紙に印刷を施します。レーザープリンターの印刷原理にはドラムとトナーの品質が大きく関わってくるので、品質にこだわるならトナーやドラムを選んで購入しましょう。

トナーのメリット

高速印刷に優れている

インクよりもトナーが優れているのは、高速印刷でしょう。トナーは記録用紙に静電気と熱や圧力によって、瞬間的に転写して印刷を行います。そのため、用紙に印字をにじませる時間が短縮でき、高速印刷が可能なのです。

印刷の定着性が高い

トナーは印刷の定着性が高いこともメリットと言えるでしょう。インクジェットはインクを噴き出して印刷を行いますが、トナーは転写して印刷を行います。そのため、塗料の定着性が高く、印刷の耐久性がいいのです。

低品質の紙でも印刷が可能

インクジェットの場合には、カラー印刷するには品質がある程度高い紙を使用しないといけません。しかし、トナーの場合には、カラー印刷でも再生紙などの品質が劣る紙にも印刷することができるのです。

ビジネスで活躍する

トナーは日々、大量印刷をする一般企業において大活躍します。それは、大量印刷をする際にインクよりもコストが割安になるからです。特にビジネスシーンで使うのは、モノクロの印刷ですから、トナーが最適なのです。

目的で選べるトナー

インクと違い、トナーには沢山の種類が存在しています。品質を求めて純正トナーを選ぶのもいいですし、コスト面を考えてリサイクルトナーを選ぶのもいいです。目的に合わせて、トナーを選ぶことができるのも、インクにはない魅力でしょう。