様々なタイプのトナー

トナーの種類

インク

純正トナー

数あるトナーの中でも、最も品質にこだわっているのが、純正トナーになります。純正トナーは直接、ブランドメーカーが工場で開発していることもあり、他の非純正トナーよりも、安全性が高いです。特に、京セラの純正トナーはメーカーが保証しているので、より安心して使用することができます。

海外純正トナー

純正トナーには、海外向けに開発されてた海外純正トナーがあります。純正トナーと同様にプリンタ本体の製造メーカーが開発、販売しています。海外純正トナーは海外と日本の価格差の分、安く購入できるため一部の企業から人気があります。

汎用トナー

汎用トナーは、プリンタ本体を製造しているメーカー以外が開発している非純正のトナーです。また、汎用トナーは一般的には、「ノーブランド」や「OEM品」と呼ばれています。メーカーが開発していないトナーですが、非純正トナーの中では最も品質が安定しているのが、特徴です。

リサイクルトナー

リサイクルトナーはブランドメーカーの使用済みのトナーカートリッジを回収して、再利用したトナーになります。カートリッジは純正品のをリサイクルしているため、仕様は同じです。使用済みのカートリッジを使っているため、金額面ではお得に購入できるのが特徴です。

互換トナー

プリンタ本体に適合するように、開発されたのが互換トナーです。互換トナーはトナーの中でも、格安に購入することができますが、中には模倣品や偽造品が存在するので、購入される場合には注意して選ぶ必要があります。もしも、安全にトナーを活用することを目的ならば、やはり、純正トナーがおすすめです。